• 敷地は第一種低層住居専用地域にあり、用途地域のなかで最も厳しい条件での設計でした。

    その条件下で、認定こども園として必要な諸室を確保するため、それぞれの階高を下げて3階建てとする必要がありました。階高を下げると天井高さも低くなりますが、天井の低さを感じさせないように、色々な工夫を凝らしています。 たとえば、目線を低い天井から建具にいくように建具の形状を家型にしたり,保育室の天井を低く感じないように凹凸をつけたり・・・凹凸は反響音も低減します。

    家具に関しては、保育者の使い勝手と園児の安全に配慮し且つ、限られた大きさの保育室の中で、大容量の収納スペースを確保するため、壁一面にぴったりと嵌る造付け家具を特注で製作しました。

    また、マネージメント面においても、京都府木のまちづくり推進事業、京都府及び京都市からの施設整備補助等を積極的に活用する事で建築主である法人の負担が出来るだけ少なくなるよう配慮しました。

  • 敷地は第一種低層住居専用地域にあり、用途地域のなかで最も厳しい条件での設計でした。

    その条件下で、認定こども園として必要な諸室を確保するため、それぞれの階高を下げて3階建てとする必要がありました。階高を下げると天井高さも低くなりますが、天井の低さを感じさせないように、色々な工夫を凝らしています。 たとえば、目線を低い天井から建具にいくように建具の形状を家型にしたり,保育室の天井を低く感じないように凹凸をつけたり・・・凹凸は反響音も低減します。

    家具に関しては、保育者の使い勝手と園児の安全に配慮し且つ、限られた大きさの保育室の中で、大容量の収納スペースを確保するため、壁一面にぴったりと嵌る造付け家具を特注で製作しました。

    また、マネージメント面においても、京都府木のまちづくり推進事業、京都府及び京都市からの施設整備補助等を積極的に活用する事で建築主である法人の負担が出来るだけ少なくなるよう配慮しました。

  • 敷地は第一種低層住居専用地域にあり、用途地域のなかで最も厳しい条件での設計でした。

    その条件下で、認定こども園として必要な諸室を確保するため、それぞれの階高を下げて3階建てとする必要がありました。階高を下げると天井高さも低くなりますが、天井の低さを感じさせないように、色々な工夫を凝らしています。 たとえば、目線を低い天井から建具にいくように建具の形状を家型にしたり,保育室の天井を低く感じないように凹凸をつけたり・・・凹凸は反響音も低減します。

    家具に関しては、保育者の使い勝手と園児の安全に配慮し且つ、限られた大きさの保育室の中で、大容量の収納スペースを確保するため、壁一面にぴったりと嵌る造付け家具を特注で製作しました。

    また、マネージメント面においても、京都府木のまちづくり推進事業、京都府及び京都市からの施設整備補助等を積極的に活用する事で建築主である法人の負担が出来るだけ少なくなるよう配慮しました。

  • 敷地は第一種低層住居専用地域にあり、用途地域のなかで最も厳しい条件での設計でした。

    その条件下で、認定こども園として必要な諸室を確保するため、それぞれの階高を下げて3階建てとする必要がありました。階高を下げると天井高さも低くなりますが、天井の低さを感じさせないように、色々な工夫を凝らしています。 たとえば、目線を低い天井から建具にいくように建具の形状を家型にしたり,保育室の天井を低く感じないように凹凸をつけたり・・・凹凸は反響音も低減します。

    家具に関しては、保育者の使い勝手と園児の安全に配慮し且つ、限られた大きさの保育室の中で、大容量の収納スペースを確保するため、壁一面にぴったりと嵌る造付け家具を特注で製作しました。

    また、マネージメント面においても、京都府木のまちづくり推進事業、京都府及び京都市からの施設整備補助等を積極的に活用する事で建築主である法人の負担が出来るだけ少なくなるよう配慮しました。

  • 敷地は第一種低層住居専用地域にあり、用途地域のなかで最も厳しい条件での設計でした。

    その条件下で、認定こども園として必要な諸室を確保するため、それぞれの階高を下げて3階建てとする必要がありました。階高を下げると天井高さも低くなりますが、天井の低さを感じさせないように、色々な工夫を凝らしています。 たとえば、目線を低い天井から建具にいくように建具の形状を家型にしたり,保育室の天井を低く感じないように凹凸をつけたり・・・凹凸は反響音も低減します。

    家具に関しては、保育者の使い勝手と園児の安全に配慮し且つ、限られた大きさの保育室の中で、大容量の収納スペースを確保するため、壁一面にぴったりと嵌る造付け家具を特注で製作しました。

    また、マネージメント面においても、京都府木のまちづくり推進事業、京都府及び京都市からの施設整備補助等を積極的に活用する事で建築主である法人の負担が出来るだけ少なくなるよう配慮しました。

  • 敷地は第一種低層住居専用地域にあり、用途地域のなかで最も厳しい条件での設計でした。

    その条件下で、認定こども園として必要な諸室を確保するため、それぞれの階高を下げて3階建てとする必要がありました。階高を下げると天井高さも低くなりますが、天井の低さを感じさせないように、色々な工夫を凝らしています。 たとえば、目線を低い天井から建具にいくように建具の形状を家型にしたり,保育室の天井を低く感じないように凹凸をつけたり・・・凹凸は反響音も低減します。

    家具に関しては、保育者の使い勝手と園児の安全に配慮し且つ、限られた大きさの保育室の中で、大容量の収納スペースを確保するため、壁一面にぴったりと嵌る造付け家具を特注で製作しました。

    また、マネージメント面においても、京都府木のまちづくり推進事業、京都府及び京都市からの施設整備補助等を積極的に活用する事で建築主である法人の負担が出来るだけ少なくなるよう配慮しました。

  • 敷地は第一種低層住居専用地域にあり、用途地域のなかで最も厳しい条件での設計でした。

    その条件下で、認定こども園として必要な諸室を確保するため、それぞれの階高を下げて3階建てとする必要がありました。階高を下げると天井高さも低くなりますが、天井の低さを感じさせないように、色々な工夫を凝らしています。 たとえば、目線を低い天井から建具にいくように建具の形状を家型にしたり,保育室の天井を低く感じないように凹凸をつけたり・・・凹凸は反響音も低減します。

    家具に関しては、保育者の使い勝手と園児の安全に配慮し且つ、限られた大きさの保育室の中で、大容量の収納スペースを確保するため、壁一面にぴったりと嵌る造付け家具を特注で製作しました。

    また、マネージメント面においても、京都府木のまちづくり推進事業、京都府及び京都市からの施設整備補助等を積極的に活用する事で建築主である法人の負担が出来るだけ少なくなるよう配慮しました。