• この施設は精華町で様々な福祉施設を展開されている法人様が精華町南部に新たな地域密着型の福祉施設を建設することを目指して2016年に設計コンペを開催され、選考の結果、弊社が受賞し設計監理の委託を受けることとなりました。

    本施設は小規模多機能型居宅介護事業所、サービス付き高齢者向け住宅、グループホーム、地域コミュニティカフェという様々な用途を一つの建物に詰め込んだ今後、主流になるであろう複合施設となっています。

    今後の福祉施設を考える上で、地域の様々なサービスに対応するために、1敷地に多種多事業所という考え方で運営する方が良いと考えます。 ひとつの建物に複数の用途を混在させることで、敷地用地の確保、コストの確保、人手の確保等の上でメリットがあります。 利用者にとってはワンストップで継続的に様々なサービスを受けられる等のメリットがあります。

    コンペでは、1階を小規模多機能型居宅介護事業所と地域コミュニティカフェ、2階をグループホーム。3階をサービス付き高齢者向け住宅としていましたが、近隣の関係でなぜか、2階をサービス付き高齢者向け住宅。3階をグループホームになりました。 弊社は合意形成にしても主張をしすぎず、協議のもと建設を図ります。

    異なった用途が一つの建物に混在するため、それぞれの場所が分かりやすくなるように、内装仕上げのイメージを各階毎、各ユニットで異なったものとしています。

  • この施設は精華町で様々な福祉施設を展開されている法人様が精華町南部に新たな地域密着型の福祉施設を建設することを目指して2016年に設計コンペを開催され、選考の結果、弊社が受賞し設計監理の委託を受けることとなりました。

    本施設は小規模多機能型居宅介護事業所、サービス付き高齢者向け住宅、グループホーム、地域コミュニティカフェという様々な用途を一つの建物に詰め込んだ今後、主流になるであろう複合施設となっています。

    今後の福祉施設を考える上で、地域の様々なサービスに対応するために、1敷地に多種多事業所という考え方で運営する方が良いと考えます。 ひとつの建物に複数の用途を混在させることで、敷地用地の確保、コストの確保、人手の確保等の上でメリットがあります。 利用者にとってはワンストップで継続的に様々なサービスを受けられる等のメリットがあります。

    コンペでは、1階を小規模多機能型居宅介護事業所と地域コミュニティカフェ、2階をグループホーム。3階をサービス付き高齢者向け住宅としていましたが、近隣の関係でなぜか、2階をサービス付き高齢者向け住宅。3階をグループホームになりました。 弊社は合意形成にしても主張をしすぎず、協議のもと建設を図ります。

    異なった用途が一つの建物に混在するため、それぞれの場所が分かりやすくなるように、内装仕上げのイメージを各階毎、各ユニットで異なったものとしています。

  • この施設は精華町で様々な福祉施設を展開されている法人様が精華町南部に新たな地域密着型の福祉施設を建設することを目指して2016年に設計コンペを開催され、選考の結果、弊社が受賞し設計監理の委託を受けることとなりました。

    本施設は小規模多機能型居宅介護事業所、サービス付き高齢者向け住宅、グループホーム、地域コミュニティカフェという様々な用途を一つの建物に詰め込んだ今後、主流になるであろう複合施設となっています。

    今後の福祉施設を考える上で、地域の様々なサービスに対応するために、1敷地に多種多事業所という考え方で運営する方が良いと考えます。 ひとつの建物に複数の用途を混在させることで、敷地用地の確保、コストの確保、人手の確保等の上でメリットがあります。 利用者にとってはワンストップで継続的に様々なサービスを受けられる等のメリットがあります。

    コンペでは、1階を小規模多機能型居宅介護事業所と地域コミュニティカフェ、2階をグループホーム。3階をサービス付き高齢者向け住宅としていましたが、近隣の関係でなぜか、2階をサービス付き高齢者向け住宅。3階をグループホームになりました。 弊社は合意形成にしても主張をしすぎず、協議のもと建設を図ります。

    異なった用途が一つの建物に混在するため、それぞれの場所が分かりやすくなるように、内装仕上げのイメージを各階毎、各ユニットで異なったものとしています。

  • この施設は精華町で様々な福祉施設を展開されている法人様が精華町南部に新たな地域密着型の福祉施設を建設することを目指して2016年に設計コンペを開催され、選考の結果、弊社が受賞し設計監理の委託を受けることとなりました。

    本施設は小規模多機能型居宅介護事業所、サービス付き高齢者向け住宅、グループホーム、地域コミュニティカフェという様々な用途を一つの建物に詰め込んだ今後、主流になるであろう複合施設となっています。

    今後の福祉施設を考える上で、地域の様々なサービスに対応するために、1敷地に多種多事業所という考え方で運営する方が良いと考えます。 ひとつの建物に複数の用途を混在させることで、敷地用地の確保、コストの確保、人手の確保等の上でメリットがあります。 利用者にとってはワンストップで継続的に様々なサービスを受けられる等のメリットがあります。

    コンペでは、1階を小規模多機能型居宅介護事業所と地域コミュニティカフェ、2階をグループホーム。3階をサービス付き高齢者向け住宅としていましたが、近隣の関係でなぜか、2階をサービス付き高齢者向け住宅。3階をグループホームになりました。 弊社は合意形成にしても主張をしすぎず、協議のもと建設を図ります。

    異なった用途が一つの建物に混在するため、それぞれの場所が分かりやすくなるように、内装仕上げのイメージを各階毎、各ユニットで異なったものとしています。

  • この施設は精華町で様々な福祉施設を展開されている法人様が精華町南部に新たな地域密着型の福祉施設を建設することを目指して2016年に設計コンペを開催され、選考の結果、弊社が受賞し設計監理の委託を受けることとなりました。

    本施設は小規模多機能型居宅介護事業所、サービス付き高齢者向け住宅、グループホーム、地域コミュニティカフェという様々な用途を一つの建物に詰め込んだ今後、主流になるであろう複合施設となっています。

    今後の福祉施設を考える上で、地域の様々なサービスに対応するために、1敷地に多種多事業所という考え方で運営する方が良いと考えます。 ひとつの建物に複数の用途を混在させることで、敷地用地の確保、コストの確保、人手の確保等の上でメリットがあります。 利用者にとってはワンストップで継続的に様々なサービスを受けられる等のメリットがあります。

    コンペでは、1階を小規模多機能型居宅介護事業所と地域コミュニティカフェ、2階をグループホーム。3階をサービス付き高齢者向け住宅としていましたが、近隣の関係でなぜか、2階をサービス付き高齢者向け住宅。3階をグループホームになりました。 弊社は合意形成にしても主張をしすぎず、協議のもと建設を図ります。

    異なった用途が一つの建物に混在するため、それぞれの場所が分かりやすくなるように、内装仕上げのイメージを各階毎、各ユニットで異なったものとしています。

  • この施設は精華町で様々な福祉施設を展開されている法人様が精華町南部に新たな地域密着型の福祉施設を建設することを目指して2016年に設計コンペを開催され、選考の結果、弊社が受賞し設計監理の委託を受けることとなりました。

    本施設は小規模多機能型居宅介護事業所、サービス付き高齢者向け住宅、グループホーム、地域コミュニティカフェという様々な用途を一つの建物に詰め込んだ今後、主流になるであろう複合施設となっています。

    今後の福祉施設を考える上で、地域の様々なサービスに対応するために、1敷地に多種多事業所という考え方で運営する方が良いと考えます。 ひとつの建物に複数の用途を混在させることで、敷地用地の確保、コストの確保、人手の確保等の上でメリットがあります。 利用者にとってはワンストップで継続的に様々なサービスを受けられる等のメリットがあります。

    コンペでは、1階を小規模多機能型居宅介護事業所と地域コミュニティカフェ、2階をグループホーム。3階をサービス付き高齢者向け住宅としていましたが、近隣の関係でなぜか、2階をサービス付き高齢者向け住宅。3階をグループホームになりました。 弊社は合意形成にしても主張をしすぎず、協議のもと建設を図ります。

    異なった用途が一つの建物に混在するため、それぞれの場所が分かりやすくなるように、内装仕上げのイメージを各階毎、各ユニットで異なったものとしています。

  • この施設は精華町で様々な福祉施設を展開されている法人様が精華町南部に新たな地域密着型の福祉施設を建設することを目指して2016年に設計コンペを開催され、選考の結果、弊社が受賞し設計監理の委託を受けることとなりました。

    本施設は小規模多機能型居宅介護事業所、サービス付き高齢者向け住宅、グループホーム、地域コミュニティカフェという様々な用途を一つの建物に詰め込んだ今後、主流になるであろう複合施設となっています。

    今後の福祉施設を考える上で、地域の様々なサービスに対応するために、1敷地に多種多事業所という考え方で運営する方が良いと考えます。 ひとつの建物に複数の用途を混在させることで、敷地用地の確保、コストの確保、人手の確保等の上でメリットがあります。 利用者にとってはワンストップで継続的に様々なサービスを受けられる等のメリットがあります。

    コンペでは、1階を小規模多機能型居宅介護事業所と地域コミュニティカフェ、2階をグループホーム。3階をサービス付き高齢者向け住宅としていましたが、近隣の関係でなぜか、2階をサービス付き高齢者向け住宅。3階をグループホームになりました。 弊社は合意形成にしても主張をしすぎず、協議のもと建設を図ります。

    異なった用途が一つの建物に混在するため、それぞれの場所が分かりやすくなるように、内装仕上げのイメージを各階毎、各ユニットで異なったものとしています。