• 私共が以前設計させて頂いた「東寺保育園」を理事長先生がご覧になって弊社に設計をご依頼賜りました。今や人気園のひとつです。

    園庭自体は少し狭いですが、敷地東隣が公園である事から、それを活かした設計をしています。南側から陽光を採り入れやすい「コ」の字型の建物とし、子供達がここちよくのびのびと遊べる設計をさせて頂きました。 園庭と保育室を結ぶ廊下を「縁側空間」として、園庭に面した建具は全て開放出来る様にしました。これにより、晴天時は廊下も園庭の一部として使え、柔軟な使い方が可能となりました。 家具においても、管理運営しやすいかたちを考え、廊下から教室に入らなくとも管理運営できるようにつくりました。この方法も私達が過去に手掛けさせて頂き、ご好評だった技術をその園に合わせてフィードバックさせたものです。

    給食室は食育に配慮した空間デザインとしました。子供達の成長を考えた時、「遊び」と同じくらい「食」は大切です。 食べ物に対し、子供達は何のフィルターもなく食べます。故に「安全で美味しい物を食べて、遊ぶ」これで園の保育の半分は満たしているのではと思う程です。 様々な害のある添加物が氾濫する日常にあって、園ではそれらと無縁な物を食べ、また、害の排出を促してくれる物を食べ体のリフレッシュ化を図る必要があります。園と私達の想いが給食室に表れています。給食室は、家具と共に私達が日本一を自負している要素です。 まだ少子化は進むと思われますが、 その時「選ばれる園」である為に、食育への注力は不可欠です。

  • 私共が以前設計させて頂いた「東寺保育園」を理事長先生がご覧になって弊社に設計をご依頼賜りました。今や人気園のひとつです。

    園庭自体は少し狭いですが、敷地東隣が公園である事から、それを活かした設計をしています。南側から陽光を採り入れやすい「コ」の字型の建物とし、子供達がここちよくのびのびと遊べる設計をさせて頂きました。 園庭と保育室を結ぶ廊下を「縁側空間」として、園庭に面した建具は全て開放出来る様にしました。これにより、晴天時は廊下も園庭の一部として使え、柔軟な使い方が可能となりました。 家具においても、管理運営しやすいかたちを考え、廊下から教室に入らなくとも管理運営できるようにつくりました。この方法も私達が過去に手掛けさせて頂き、ご好評だった技術をその園に合わせてフィードバックさせたものです。

    給食室は食育に配慮した空間デザインとしました。子供達の成長を考えた時、「遊び」と同じくらい「食」は大切です。 食べ物に対し、子供達は何のフィルターもなく食べます。故に「安全で美味しい物を食べて、遊ぶ」これで園の保育の半分は満たしているのではと思う程です。 様々な害のある添加物が氾濫する日常にあって、園ではそれらと無縁な物を食べ、また、害の排出を促してくれる物を食べ体のリフレッシュ化を図る必要があります。園と私達の想いが給食室に表れています。給食室は、家具と共に私達が日本一を自負している要素です。 まだ少子化は進むと思われますが、 その時「選ばれる園」である為に、食育への注力は不可欠です。

  • 私共が以前設計させて頂いた「東寺保育園」を理事長先生がご覧になって弊社に設計をご依頼賜りました。今や人気園のひとつです。

    園庭自体は少し狭いですが、敷地東隣が公園である事から、それを活かした設計をしています。南側から陽光を採り入れやすい「コ」の字型の建物とし、子供達がここちよくのびのびと遊べる設計をさせて頂きました。 園庭と保育室を結ぶ廊下を「縁側空間」として、園庭に面した建具は全て開放出来る様にしました。これにより、晴天時は廊下も園庭の一部として使え、柔軟な使い方が可能となりました。 家具においても、管理運営しやすいかたちを考え、廊下から教室に入らなくとも管理運営できるようにつくりました。この方法も私達が過去に手掛けさせて頂き、ご好評だった技術をその園に合わせてフィードバックさせたものです。

    給食室は食育に配慮した空間デザインとしました。子供達の成長を考えた時、「遊び」と同じくらい「食」は大切です。 食べ物に対し、子供達は何のフィルターもなく食べます。故に「安全で美味しい物を食べて、遊ぶ」これで園の保育の半分は満たしているのではと思う程です。 様々な害のある添加物が氾濫する日常にあって、園ではそれらと無縁な物を食べ、また、害の排出を促してくれる物を食べ体のリフレッシュ化を図る必要があります。園と私達の想いが給食室に表れています。給食室は、家具と共に私達が日本一を自負している要素です。 まだ少子化は進むと思われますが、 その時「選ばれる園」である為に、食育への注力は不可欠です。

  • 私共が以前設計させて頂いた「東寺保育園」を理事長先生がご覧になって弊社に設計をご依頼賜りました。今や人気園のひとつです。

    園庭自体は少し狭いですが、敷地東隣が公園である事から、それを活かした設計をしています。南側から陽光を採り入れやすい「コ」の字型の建物とし、子供達がここちよくのびのびと遊べる設計をさせて頂きました。 園庭と保育室を結ぶ廊下を「縁側空間」として、園庭に面した建具は全て開放出来る様にしました。これにより、晴天時は廊下も園庭の一部として使え、柔軟な使い方が可能となりました。 家具においても、管理運営しやすいかたちを考え、廊下から教室に入らなくとも管理運営できるようにつくりました。この方法も私達が過去に手掛けさせて頂き、ご好評だった技術をその園に合わせてフィードバックさせたものです。

    給食室は食育に配慮した空間デザインとしました。子供達の成長を考えた時、「遊び」と同じくらい「食」は大切です。 食べ物に対し、子供達は何のフィルターもなく食べます。故に「安全で美味しい物を食べて、遊ぶ」これで園の保育の半分は満たしているのではと思う程です。 様々な害のある添加物が氾濫する日常にあって、園ではそれらと無縁な物を食べ、また、害の排出を促してくれる物を食べ体のリフレッシュ化を図る必要があります。園と私達の想いが給食室に表れています。給食室は、家具と共に私達が日本一を自負している要素です。 まだ少子化は進むと思われますが、 その時「選ばれる園」である為に、食育への注力は不可欠です。

  • 私共が以前設計させて頂いた「東寺保育園」を理事長先生がご覧になって弊社に設計をご依頼賜りました。今や人気園のひとつです。

    園庭自体は少し狭いですが、敷地東隣が公園である事から、それを活かした設計をしています。南側から陽光を採り入れやすい「コ」の字型の建物とし、子供達がここちよくのびのびと遊べる設計をさせて頂きました。 園庭と保育室を結ぶ廊下を「縁側空間」として、園庭に面した建具は全て開放出来る様にしました。これにより、晴天時は廊下も園庭の一部として使え、柔軟な使い方が可能となりました。 家具においても、管理運営しやすいかたちを考え、廊下から教室に入らなくとも管理運営できるようにつくりました。この方法も私達が過去に手掛けさせて頂き、ご好評だった技術をその園に合わせてフィードバックさせたものです。

    給食室は食育に配慮した空間デザインとしました。子供達の成長を考えた時、「遊び」と同じくらい「食」は大切です。 食べ物に対し、子供達は何のフィルターもなく食べます。故に「安全で美味しい物を食べて、遊ぶ」これで園の保育の半分は満たしているのではと思う程です。 様々な害のある添加物が氾濫する日常にあって、園ではそれらと無縁な物を食べ、また、害の排出を促してくれる物を食べ体のリフレッシュ化を図る必要があります。園と私達の想いが給食室に表れています。給食室は、家具と共に私達が日本一を自負している要素です。 まだ少子化は進むと思われますが、 その時「選ばれる園」である為に、食育への注力は不可欠です。

  • 私共が以前設計させて頂いた「東寺保育園」を理事長先生がご覧になって弊社に設計をご依頼賜りました。今や人気園のひとつです。

    園庭自体は少し狭いですが、敷地東隣が公園である事から、それを活かした設計をしています。南側から陽光を採り入れやすい「コ」の字型の建物とし、子供達がここちよくのびのびと遊べる設計をさせて頂きました。 園庭と保育室を結ぶ廊下を「縁側空間」として、園庭に面した建具は全て開放出来る様にしました。これにより、晴天時は廊下も園庭の一部として使え、柔軟な使い方が可能となりました。 家具においても、管理運営しやすいかたちを考え、廊下から教室に入らなくとも管理運営できるようにつくりました。この方法も私達が過去に手掛けさせて頂き、ご好評だった技術をその園に合わせてフィードバックさせたものです。

    給食室は食育に配慮した空間デザインとしました。子供達の成長を考えた時、「遊び」と同じくらい「食」は大切です。 食べ物に対し、子供達は何のフィルターもなく食べます。故に「安全で美味しい物を食べて、遊ぶ」これで園の保育の半分は満たしているのではと思う程です。 様々な害のある添加物が氾濫する日常にあって、園ではそれらと無縁な物を食べ、また、害の排出を促してくれる物を食べ体のリフレッシュ化を図る必要があります。園と私達の想いが給食室に表れています。給食室は、家具と共に私達が日本一を自負している要素です。 まだ少子化は進むと思われますが、 その時「選ばれる園」である為に、食育への注力は不可欠です。

  • 私共が以前設計させて頂いた「東寺保育園」を理事長先生がご覧になって弊社に設計をご依頼賜りました。今や人気園のひとつです。

    園庭自体は少し狭いですが、敷地東隣が公園である事から、それを活かした設計をしています。南側から陽光を採り入れやすい「コ」の字型の建物とし、子供達がここちよくのびのびと遊べる設計をさせて頂きました。 園庭と保育室を結ぶ廊下を「縁側空間」として、園庭に面した建具は全て開放出来る様にしました。これにより、晴天時は廊下も園庭の一部として使え、柔軟な使い方が可能となりました。 家具においても、管理運営しやすいかたちを考え、廊下から教室に入らなくとも管理運営できるようにつくりました。この方法も私達が過去に手掛けさせて頂き、ご好評だった技術をその園に合わせてフィードバックさせたものです。

    給食室は食育に配慮した空間デザインとしました。子供達の成長を考えた時、「遊び」と同じくらい「食」は大切です。 食べ物に対し、子供達は何のフィルターもなく食べます。故に「安全で美味しい物を食べて、遊ぶ」これで園の保育の半分は満たしているのではと思う程です。 様々な害のある添加物が氾濫する日常にあって、園ではそれらと無縁な物を食べ、また、害の排出を促してくれる物を食べ体のリフレッシュ化を図る必要があります。園と私達の想いが給食室に表れています。給食室は、家具と共に私達が日本一を自負している要素です。 まだ少子化は進むと思われますが、 その時「選ばれる園」である為に、食育への注力は不可欠です。