• 世界遺産でもある「教王護国寺(東寺)」の境内にある保育園であり、それに相応しい保育園を、という事で「何百年経っても周囲の景観と馴染み続ける独自のデザイン」を主体に設計させて頂きました。 敷地が比較的狭いのですが、必要となる機能空間の確保を前提に共有部を最低限に確保し、その上で、設備の充実化を図りました。

    近年の少子化にも関わらず人気園となっています。建物内で子供達が転んだり寄り掛かったりしても怪我をしない様、角の取れた優しい曲面を多用しています。 また、子供達が建物内外で過ごす際「ちょっと違うな?」という知覚を刺激する様、視覚的にリズムを感じる様なつくりにしてあります。

    内部に於いては、子供達が多少手荒に使っても壊れないように天然葦(あし)を使った網戸や温かみのある木をふんだんに使うなど、おもてなしを現代的に取り入れたものですが、しっかりつくってあります。 木は乾燥・湿度によって反ったりする事がありますが、床には湿度を調整できる竹材を使用しています。

    構造に於いては、建物が地震を経験しても可能な限りメンテナンスフリーとなる様、基礎と土台が揺れても床や開口部に伝わりにくいようにしてあります。実は免震構造は東寺でも取り入れられており、 それは東寺が1200年以上前より京都にある事からもご理解頂けるかと存じます。

  • 世界遺産でもある「教王護国寺(東寺)」の境内にある保育園であり、それに相応しい保育園を、という事で「何百年経っても周囲の景観と馴染み続ける独自のデザイン」を主体に設計させて頂きました。 敷地が比較的狭いのですが、必要となる機能空間の確保を前提に共有部を最低限に確保し、その上で、設備の充実化を図りました。

    近年の少子化にも関わらず人気園となっています。建物内で子供達が転んだり寄り掛かったりしても怪我をしない様、角の取れた優しい曲面を多用しています。 また、子供達が建物内外で過ごす際「ちょっと違うな?」という知覚を刺激する様、視覚的にリズムを感じる様なつくりにしてあります。

    内部に於いては、子供達が多少手荒に使っても壊れないように天然葦(あし)を使った網戸や温かみのある木をふんだんに使うなど、おもてなしを現代的に取り入れたものですが、しっかりつくってあります。 木は乾燥・湿度によって反ったりする事がありますが、床には湿度を調整できる竹材を使用しています。

    構造に於いては、建物が地震を経験しても可能な限りメンテナンスフリーとなる様、基礎と土台が揺れても床や開口部に伝わりにくいようにしてあります。実は免震構造は東寺でも取り入れられており、 それは東寺が1200年以上前より京都にある事からもご理解頂けるかと存じます。

  • 世界遺産でもある「教王護国寺(東寺)」の境内にある保育園であり、それに相応しい保育園を、という事で「何百年経っても周囲の景観と馴染み続ける独自のデザイン」を主体に設計させて頂きました。 敷地が比較的狭いのですが、必要となる機能空間の確保を前提に共有部を最低限に確保し、その上で、設備の充実化を図りました。

    近年の少子化にも関わらず人気園となっています。建物内で子供達が転んだり寄り掛かったりしても怪我をしない様、角の取れた優しい曲面を多用しています。 また、子供達が建物内外で過ごす際「ちょっと違うな?」という知覚を刺激する様、視覚的にリズムを感じる様なつくりにしてあります。

    内部に於いては、子供達が多少手荒に使っても壊れないように天然葦(あし)を使った網戸や温かみのある木をふんだんに使うなど、おもてなしを現代的に取り入れたものですが、しっかりつくってあります。 木は乾燥・湿度によって反ったりする事がありますが、床には湿度を調整できる竹材を使用しています。

    構造に於いては、建物が地震を経験しても可能な限りメンテナンスフリーとなる様、基礎と土台が揺れても床や開口部に伝わりにくいようにしてあります。実は免震構造は東寺でも取り入れられており、 それは東寺が1200年以上前より京都にある事からもご理解頂けるかと存じます。

  • 世界遺産でもある「教王護国寺(東寺)」の境内にある保育園であり、それに相応しい保育園を、という事で「何百年経っても周囲の景観と馴染み続ける独自のデザイン」を主体に設計させて頂きました。 敷地が比較的狭いのですが、必要となる機能空間の確保を前提に共有部を最低限に確保し、その上で、設備の充実化を図りました。

    近年の少子化にも関わらず人気園となっています。建物内で子供達が転んだり寄り掛かったりしても怪我をしない様、角の取れた優しい曲面を多用しています。 また、子供達が建物内外で過ごす際「ちょっと違うな?」という知覚を刺激する様、視覚的にリズムを感じる様なつくりにしてあります。

    内部に於いては、子供達が多少手荒に使っても壊れないように天然葦(あし)を使った網戸や温かみのある木をふんだんに使うなど、おもてなしを現代的に取り入れたものですが、しっかりつくってあります。 木は乾燥・湿度によって反ったりする事がありますが、床には湿度を調整できる竹材を使用しています。

    構造に於いては、建物が地震を経験しても可能な限りメンテナンスフリーとなる様、基礎と土台が揺れても床や開口部に伝わりにくいようにしてあります。実は免震構造は東寺でも取り入れられており、 それは東寺が1200年以上前より京都にある事からもご理解頂けるかと存じます。

  • 世界遺産でもある「教王護国寺(東寺)」の境内にある保育園であり、それに相応しい保育園を、という事で「何百年経っても周囲の景観と馴染み続ける独自のデザイン」を主体に設計させて頂きました。 敷地が比較的狭いのですが、必要となる機能空間の確保を前提に共有部を最低限に確保し、その上で、設備の充実化を図りました。

    近年の少子化にも関わらず人気園となっています。建物内で子供達が転んだり寄り掛かったりしても怪我をしない様、角の取れた優しい曲面を多用しています。 また、子供達が建物内外で過ごす際「ちょっと違うな?」という知覚を刺激する様、視覚的にリズムを感じる様なつくりにしてあります。

    内部に於いては、子供達が多少手荒に使っても壊れないように天然葦(あし)を使った網戸や温かみのある木をふんだんに使うなど、おもてなしを現代的に取り入れたものですが、しっかりつくってあります。 木は乾燥・湿度によって反ったりする事がありますが、床には湿度を調整できる竹材を使用しています。

    構造に於いては、建物が地震を経験しても可能な限りメンテナンスフリーとなる様、基礎と土台が揺れても床や開口部に伝わりにくいようにしてあります。実は免震構造は東寺でも取り入れられており、 それは東寺が1200年以上前より京都にある事からもご理解頂けるかと存じます。

  • 世界遺産でもある「教王護国寺(東寺)」の境内にある保育園であり、それに相応しい保育園を、という事で「何百年経っても周囲の景観と馴染み続ける独自のデザイン」を主体に設計させて頂きました。 敷地が比較的狭いのですが、必要となる機能空間の確保を前提に共有部を最低限に確保し、その上で、設備の充実化を図りました。

    近年の少子化にも関わらず人気園となっています。建物内で子供達が転んだり寄り掛かったりしても怪我をしない様、角の取れた優しい曲面を多用しています。 また、子供達が建物内外で過ごす際「ちょっと違うな?」という知覚を刺激する様、視覚的にリズムを感じる様なつくりにしてあります。

    内部に於いては、子供達が多少手荒に使っても壊れないように天然葦(あし)を使った網戸や温かみのある木をふんだんに使うなど、おもてなしを現代的に取り入れたものですが、しっかりつくってあります。 木は乾燥・湿度によって反ったりする事がありますが、床には湿度を調整できる竹材を使用しています。

    構造に於いては、建物が地震を経験しても可能な限りメンテナンスフリーとなる様、基礎と土台が揺れても床や開口部に伝わりにくいようにしてあります。実は免震構造は東寺でも取り入れられており、 それは東寺が1200年以上前より京都にある事からもご理解頂けるかと存じます。

  • 世界遺産でもある「教王護国寺(東寺)」の境内にある保育園であり、それに相応しい保育園を、という事で「何百年経っても周囲の景観と馴染み続ける独自のデザイン」を主体に設計させて頂きました。 敷地が比較的狭いのですが、必要となる機能空間の確保を前提に共有部を最低限に確保し、その上で、設備の充実化を図りました。

    近年の少子化にも関わらず人気園となっています。建物内で子供達が転んだり寄り掛かったりしても怪我をしない様、角の取れた優しい曲面を多用しています。 また、子供達が建物内外で過ごす際「ちょっと違うな?」という知覚を刺激する様、視覚的にリズムを感じる様なつくりにしてあります。

    内部に於いては、子供達が多少手荒に使っても壊れないように天然葦(あし)を使った網戸や温かみのある木をふんだんに使うなど、おもてなしを現代的に取り入れたものですが、しっかりつくってあります。 木は乾燥・湿度によって反ったりする事がありますが、床には湿度を調整できる竹材を使用しています。

    構造に於いては、建物が地震を経験しても可能な限りメンテナンスフリーとなる様、基礎と土台が揺れても床や開口部に伝わりにくいようにしてあります。実は免震構造は東寺でも取り入れられており、 それは東寺が1200年以上前より京都にある事からもご理解頂けるかと存じます。